イラスト依頼で本当にあったひどい話!おかしいのはどっち?

目次

イラストレーターが見たひどい依頼人

前半はイラストレーターが出会ったひどい依頼者について紹介をしていきます。

ひどい依頼者の共通点は自己中心的でイラストを描く人のことを考えず、精神的・年齢的に幼い人が多い印象でした。

「お客様は神様」というのはお店側(絵師)の言葉であってお客(依頼者)が自分でいうことではないということを広めるためにもこの章を読んでもらえれば幸いです。

イラストの修正が止まらない

イラスト依頼の流れはこちらの記事を参考にしてもらいますが、通常イラストの修正には回数指定をしているか修正費を設定しているイラストレーターさんが多いです。

しかしサイトを通さず直接の依頼で、細かい契約等も交わさずにイラストの依頼を受けてみたら普通ではありえない回数の修正が入り何度も何度も描き直しをさせられひどい思いをしたということが。

細かい点に目がいってしまうと次から次へと目についてしまい修正沼にハマる人は少なくないですが、イラストの依頼時にできるだけ詳細なイメージを伝えることで修正回数を減らすことができるのでイラスト依頼のテンプレートを使ってみてください。

イラストの持ち逃げ

ココナラでよくあるトラブルでも触れましたが、サイトを経由しない直接のイラスト依頼で完成したイラストを受け取ったにもかかわらず支払いをしないまま持ち逃げをするケースがあります。

また完成したイラストだけでなくラフ画(下書き)もイラストレーターさんによっては着彩までして提案してくれるかたもいるので一般人からすれば十分なクオリティなのでそのラフ画だけ受け取ってやりとりを中止するといった例。

しかしこれはひどい話ではすまされず、ラフ画であろうと著作権はイラストレーターにあり無断使用や詐欺罪として告発されてもおかしくない内容なので絶対にやめましょう。

絵師からの連絡を無視する

直接取引・サイトを経由しての取引のどちらの依頼でもあるひどい話ですが、イラストのやり取りをしている途中で音信不通になる例です。

絵師は打ち合わせをして、イラストの構成を考え、細かい修正を重ねながらイラストを描いていくのでこの過程がもっとも大変で忙しいので、一方的な理由でやりとりを中止されてはひどいどころではなくイラストレーターも報われません。

イラストの依頼に限らず途中で契約を中止するのであれば、それまでにかかった分の費用を支払ってからにするのがマナーです。

イラストの値段がおかしいと文句を言う

イラストの依頼に慣れていない人が絵師さんの作品をみて値段について問い合わせをしてみたら想像よりも高くて「絵師の値段設定おかしいんじゃないの!?」という人もいます。

イラストの値段を決めるにはいろいろな努力や設備投資の結果つけられているので、絵師の値段がおかしいと思う人へを読んでイラストを描くことへの理解を深めましょう。

あわせて読みたい
絵師の値段設定がおかしい?イラストが高いと文句を言う前に知っておくべきこと イラストを依頼しようと思って絵師さんに連絡を入れてみたら「イラストの値段が高すぎる!?」「この絵師の値段設定はおかしい!!」と感じた方。 絵師の値段設定はイラ...

イラスト依頼の相場について

個人で直接やりとりをしてイラストを描いてもらう場合は絵師さんによって値段は大きくかわるが、ココナラやSKIMAのようなスキルマーケットなら比較的相場は低い。

ココナラで相場を調べた結果はこちらに詳しく書いてあるのでイラストの相場に興味がある方は読んでみてください。

あわせて読みたい
イラスト有償依頼の相場まとめ【SNS/歌ってみた/ボカロ/YouTube /Vtuber /Live2D】 【アイコンの有償依頼相場|TwitterなどSNS用について】 イラスト提供:もめさん ココナラの価格帯別の出品数を調べたところ1000〜2000円の価格帯がもっとも多く出品さ...

イラストを無償でかけという依頼人

イラストの有償依頼を受け付けていると明記しているにも関わらずイラストを無償で描いてくれないかと言ってくる人は残念ながら一定数います。

これまでにあげたイラスト依頼時のひどい話に比べて実害はあまりないともいえますが、もっと悪質なのは他のイラストレーターを例にあげ「〇〇は無償で描いていましたよ。あなたもそれくらいやったらどうですか?」というなぜか上から目線の人。

自分で描いたイラストに価値を決めるのはあくまでもイラストレーターで、依頼者はそれを受け入れるか受け入れないかを選ぶだけの話であって、批判するなど人間性を疑うレベルのひどさです。

ココナラでイラストを依頼するときにありがちなトラブル

これまではイラストの直接依頼にありがちなトラブルが中心でしたが、スキルマーケットで有名なココナラでもトラブルが起きることはあります。

サイトを経由しているので深刻なトラブルは少ないですが、ココナラでよくあるトラブルとその対策についてはこちらの記事で詳しくまとめてありますので依頼の参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ココナラでありがちなトラブル5選!購入者目線でトラブル回避のポイントと対策も紹介 ココナラは「知識・スキル・経験」などを売り買いできるスキルマーケットで、自分でイラストは描けないけどSNSに使うアイコンが欲しい!といったときにスキルを持った人...

イラストの依頼をしてひどいと思った絵師について【購入者目線】

ここまではイラストレーター目線であったひどい話について紹介してきましたが、今度はイラストを依頼する購入者側でのひどい話について紹介していきます。

さきに結論をいってしまうとイラストにかける予算をケチって取引歴の浅いイラストレーターさんに依頼したことで、お互いにやりとりの進め方がうまくいかなかったケースが多いようです。

この章の最後では当サイトでお世話になっている優良イラストレーターの紹介もしているので合わせて読んでみてください。

イラストがラフと全然違うものが納品された

これは一概にイラストレーターさんが悪いと言い切れませんが、ラフ画を確認してOKをだしたらところどころ違うものが納品されてしまったというパターン。

原因としてはラフ画のときよりもこまかく描いたことによって粗がみえてしまったり、イラストレーターさんがよかれと思って修正したポイントが依頼者の希望とは違った場合なども考えられます。

しかしひどいのは悪質な人がラフを提出したものは実はパクリやトレスで、清書の段階で自分で細部に手をいれたことによってラフと違うものに仕上がった・・・なんてことも聞くのでイラストを依頼するときは信頼のおけるイラストレーターさんを探すことが重要ですね。

あわせて読みたい
ココナラで活躍中の絵師さんを紹介!イラストを頼むなら信頼と実績のあるイラストレーターさんへ ココナラでイラストを依頼するなら信頼と実績のあるイラストレーターさんにお願いするのが安心。 しかし登録しているイラストレーターが多すぎて、誰を選んでいいかわか...

依頼者にやさしい優良イラストレーターの紹介

せっかくイラストを依頼するのなら気持ちよくやりとりができるイラストレーターさんにお願いしたいですよね。

当サイトで紹介しているイラストレーターさんは筆者が実際に依頼・交流して人柄も知ったうえで掲載していて、シンプルなSNSアイコンからLive2Dイラストまで対応している方もいます。

イラストの依頼がはじめてでどの絵師さんに依頼しようか悩んでいるかたはぜひ参考にしてみてください。

はじめての依頼は実績のある方へ!/

イラストを依頼したいけどひどい絵師にあたらないためには?

【準備中】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる